2018-09-26

上棟式 in 湯布院

去年に引き続き、今年も湯布院で戸建の新築のお仕事を頂き現在3棟建築中。
昨日はその上棟式に湯布院までいってきました。

餅撒き開始直前のお施主様を「はいチーズ」

その後は餅撒きを行い、ご近所の方々に喜んで頂きました。

餅撒きの様子YouTubeにアップしました。

その後は湯布院でお施主様とお泊り。楽しい時間を過ごさせて頂きました。

 

Category: 未分類 | 

 

2018-09-22

民泊のすすめ

台風21号による関空の封鎖ならびに北海道の大地震と、相次ぐ大型災害に見舞われ、各地では訪日外国人の宿泊予約キャンセルが相次ぎました。しかし北海道では、政府が迅速に復興割りへの予算を予備費から充てるなどしておりインバウンドの減少は思ったより少なくて済みそうです。

しかし日本の技術力は改めてすごいなと感心しました。
本来9月末まで節電をお願いすると広報していた北海道電力も、たった2週間程度で全面復旧したし、関空も昨日

「ターミナル全面再開」

という記事が新聞各紙に出ていましたね。タンカーがぶつかって破損した橋を見たときに、いったい復旧までどのくらいの時間を要するのだろうか?と不安を覚えましたがやっぱり日本の技術力はすごいの一言ですね。日本を訪れる外国人の皆さんにも安心頂けるはずです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

過去に類を見ない規模の台風21号がもたらした甚大な被害にも関わらず、訪日外国人の減少に関空が影響をもたらした日数は16日のみ。すでに全面再開してからの旅客機の発着数は台風前の水準に戻ったようです。訪日外国人の方々の数が元の水準に戻るまでさほど時間はかからない気がしています。

Category: 未分類 | 

 

2018-09-18

タワーマンションの弱点

今朝の日経新聞。今回の北海道の地震発生後すぐにネットニュースには似た記事がアップされてはいましたが…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の地震でエレベーターが停止した30階建てのタワーマンションの居住者が、階段を昇り降りしたという話。30階の昇降はしたことありますけど、かなりキツイですよ。途中何度も休憩して30階に到達しましたが、太ももはパンパンに腫れるわ、ヒザはガクガクするわで大変きつかった。当時はまだ30代後半。40代後半になった今の体への負担は計り知れない気がします。

とまぁ私の意見や体験はさて置いて、実際に被害に遭われた居住者の方は大変な目に遭われました。
これが札幌だから30階で済んだけど、同じ被害が東京で起こったとしたら…? 50階以上階段を昇るなんて。しかも電力が復旧するまで毎日。しかも1日1回で済めばいいけど、そういう訳にもいかないし。思わぬタワーマンションの弱点が露呈してしまいました。

私どもべスティックでは、「資産(貯蓄)になる家のすすめ」をモットーに年に4回セミナーを開催していますが、タワーマンションも良い点と悪い点があると思っています。

今までは下階と上階では、売買金額に雲泥の差があるにもかかわらず、固定資産税が同じになるので富裕層の節税対策としてタワーマンションが売れました。しかし、行政もそこに気が付き、階層によって段階的に固定資産税が高くなる措置をとりました。なので節税対策としてのタワーマンションの旨味はもうありません。

次に、10年後~20年後にくる大規模改修工事。タワーマンションの大規模改修工事にいったいいくらかかるのでしょうか?たぶん大手ゼネコンでなければ大規模改修工事を請け負えないのではないでしょうか?10年後には技術も発達し、中小零細企業でもタワーマンションの大規模改修工事を請けられる世界になっていればいいのですが、大手の寡占状態になれば工事費は大手の言いなりです。そのため、毎月の管理費や修繕積立金が高くなるという悪循環も容易に想像できます。

しかし眺望はすばらしく、タワーマンションの上階に住む優越感は計り知れないものがあります。最上階からは、四方360度を地上200mから見下ろすことができます。眼下には遮るものは何一つありません。特別な何か、選ばれた人だけが手にできるものを手にした優越感に浸れること間違いなしです。私も、友人が札幌のタワーマンションの最上階を所有しているので、一度泊めて頂いたことがありまして、その特別感は今まで体験したことのない感覚でした。

話がずれていくのでこの辺でやめておきますが、資産性という観点から見たタワーマンション。私なりの結論はまだ出ておりません。

Category: 未分類 |