空室対策

民泊の時代

つい昨日、民泊新法が国会を通過しました。

従来は空室を活用して収益をあげたい賃貸業界と、賃貸業界に参入されては溜まらない旅行業界との綱引きにより、暫くの間グレーな状態で運営されてきた民泊でしたが、やっと決着がついたカタチで年間180日を超えない範囲でなら民泊として認めるという、両者の言い分の丁度中間をとったカタチでの玉虫色の解決が図られるという、いかにも日本的な決着の付き方でした。

まぁ、私の見解は置いておいて、弊社にとっては良いニュースも飛び込んできました。

6月11日の日曜日の西日本新聞の朝刊に、弊社ととても懇意にして下さっている、

エアベスト㈱ 代表取締役である、黒木社長が1面で九州発の民泊業界のパイオニアとして本人の写真入りで紹介されていました。

弊社は、同社黒木社長の紹介により、博多駅徒歩5分にあるテナントビルを簡易宿泊所にコンバージョンして民泊として運営するオーナーからお仕事を頂いたこともあります。(施工事例はコチラからご覧いただけます。http://bestec.co.jp/owner/works/detail/262)

黒木社長と同社の活躍により、より多くのやりがいのある仕事に巡り合うことを期待しております。

19030439_1434508479947269_7296483028175434648_n

19030591_1434508476613936_1547222242447092466_n

 

6月11日(日)付けの記事より抜粋

民泊×短期賃貸=マンション活用 福岡の業者 新法に対応、空室募る2017年06月11日 03時00分
記者:丹村智子
スタッフと打ち合わせる福岡市の民泊代行業「airBest」の黒木透社長(奥)
 福岡市の民泊代行業と不動産業の2社が連携し、市中心部の賃貸マンションの空き部屋を民泊兼マンスリーマンションとして活用する事業に乗り出す。一般住宅に有料で客を泊める「民泊」の営業ルールを定めた住宅宿泊事業法施行をにらんだ新規ビジネス。ホテル不足の同市内で新たな宿泊先が確保されるほか、入居者の決まらない中古賃貸物件の活用策としても注目されそうだ。
 9日成立した同法は、民泊の営業日数に年間180日の上限を定めた。空き部屋を民泊に転用しても十分な収入につながるか分からず、マンション経営者が二の足を踏むとの見方もあるが、残り期間を長期出張者や単身赴任者向けの短期賃貸物件として運用すれば採算ラインに乗り、賃貸物件の民泊への転用が進む可能性がある。
 新規事業に取り組むのは、いずれも福岡市の民泊代行会社「airBest」(黒木透社長)と不動産会社「アーウェイ・ミュウコーポレーション」(内田和文社長)。
 両社は今月、事業連携で合意した。今後は出張者が多いJR博多駅前や天神で賃貸マンションの空室を募り、来年1月とみられる同法施行に合わせて運用を始める。運用開始から1年で200室程度の確保を目指す。民泊は周辺ホテルよりも料金を抑え、部屋に調理器具や洗濯機などの家電も備え付ける。
 「airBest」は空室を抱える賃貸マンションのオーナーや民泊経営に関心のある個人と契約し、改装や仲介サイトへの登録などの事前準備、宿泊客への鍵の受け渡しやトラブル対応などの業務を代行する。「ミュウコーポレーション」はマンスリーマンションを運用する。両方で年間稼働率7割を採算ラインとみている。
2017-06-13 | Posted in オフィスリノベ, お知らせ, 空室対策, 賃貸リノベComments Closed 

 

施主検査 in 南区高木

昨日は初めてお仕事を頂いてから約3年の継続的にお仕事を頂いている、南区高木と井尻に3棟もの賃貸マンションをお持ちのオーナーさん立ち合いのもとでの施主検査でした。

1月末に5部屋の空室のリノベーション工事の注文と、2月末に1部屋の空室のリノベーション工事、都合6部屋のお仕事を今年も頂きました。うち1部屋はまだ工事中なのですが、昨日お引渡を終えた5件のうちの3件と、以前リノベーション工事を頂いて1度入居した後退去されて空室になっていたお部屋の1件、都合4部屋の入居が決まりお仕事を頂いた私たちも少し緊張がほぐれた中での検査となりました。もちろん工事中に入居の決まったオーナーさんも、何1つご指摘もなく終始リラックスムードの中検査を終えることができました。

これからも、住む人の住み心地や使い勝手を良く考えた、長持ちするリノベーション工事を提供していけるよう日々勉強に努め、入居者に選ばれる部屋づくり、そしてオーナーさんにも喜ばれるお部屋づくりに邁進していきたいと思います。

長男 サンコーポタカキ 通称1ビル

17457457_1353737171357734_2404160462021767795_n

 

次男 サンコーポたかき 通称2ビル 目の前に高木小学校

17629806_1353737168024401_8989563323193409582_n 17553745_1353737238024394_6681178012424123581_n

 

末っ子 サンコーポ井尻 通称3ビル

17499446_1353737174691067_634037526695967673_n

17553941_1353737164691068_4320293029738855791_n

2017-03-30 | Posted in 空室対策, 賃貸リノベComments Closed 

 

入居が決まりました!

2016年4月にリノベーション工事を完了して、引渡しを終えた美野島にある賃貸マンション。おかげさまで入居も決まり、ベスティック社員一同で喜んでいます。

マンションは築31年が経過。

2DKの45㎡ から 1LDK+WIC へとリノベーションしました。

家賃は 5万2千円+共益費3千5百円 から 7万円+共益費3千5百円 へと なんと35%もアップして入居が決まりました。

リノベーション前は和室が2部屋の2DK

DSC_0155

DSC_0157

 

リノベーション後は1LDK+WIC

IMG_4080

IMG_4116

オーナーさんにも入居者さんにも喜んで頂けて、面目躍如です。

 

2016-08-01 | Posted in 空室対策, 賃貸リノベNo Comments » 

 

12345...10...LAST