中古マンション+リノベーション

家を買うなら知っておきたいセミナー3月度を実施しました。

先週、3月10日(土)に3ヶ月毎に定期的に行っている「家を買うなら知っておきたい」セミナーを実施しました。

今回も盛況で、約20名のお客様にご来場頂き、2時間という長丁場のセミナーでしたが役に立つ情報が盛り沢山だったためあっという間に時間も過ぎ、参加された皆様も
ほとんどの方にご満足して頂く事ができたようでした。

私どもはセミナーにお越し頂いたお客様にしつこい追客は一切しておりません。にも関わらず、お客様のほうから後日ご連絡を頂くケースが多いです。それは私達が買い手のエージェントとして仲介させて頂いていることにつきると思います。不動産仲介は、いわゆる両手取引と言って、売主と買主の双方の仲介を1社で行う取引が通例ですが、
そもそも売主と買主の利益は相反するはずなので、両者の仲介役として1社が仲介を行うのはおかしい話です。売主は1円でも高く早く売りたい、買主は1円でも安く、時間は多少かかってでも間違いのない不動産(住宅)を選びたい。その両者の間にたって両手取引を行う仲介会社はいったいどちらの側に立って取引を進めるのでしょうか?

私達はあらかじめ買主様の立場に立ち、住宅の資産性に重点を置いてアドバイスするように努めています。金銭面で損をしない買い物ができるように、一緒に購入までの道のりを歩ませて頂いています。

新築住宅だけではなく、中古住宅でも税金が還付されたり支払う税金が安く済む買い方があります。でもそんな買い方は出来るだけ早く利益をあげたい会社にとっては面倒なことに他なりません。住宅購入を考えていて、不動産会社巡りをしている方にお聞きしたいんですが、担当者は税金が戻ってくるお話とかしてくれていますか? 聞かれているなら良心的な仲介会社なのでしょう。大半がその道を避けて早く取引が終わるように終始されるのではないでしょうか?

不動産仲介は、あらかじめ取引が決まれば物件価格の3%という報酬が定められているため、できるだけ苦労をせずに取引が終わった方が早く次の仕事にとりかかれるから、
その方が業者にとっては都合がいいんです。

しかしインターネットで情報は業者も実際に買われるお客様も同じ情報が目にできる時代です。お客様にとって役に立つ情報を提供できるよう勉強している業者でなければ、業界で生き残っていけないと思います。だって、今の不動産業界は、お客様がどこの仲介会社で物件を仲介してもらおうが、お客さまが支払うお金は同額なのですから。そこに付加価値をつけられる会社でなければ生き残れないのは当然です。

私達は、お客様が金銭的に損をしない家の買い方ができる様日々活動しております。

次回のセミナーは6月に行います。
聞いてみたい方は、べスティックまでお電話下さい。
お問合せお待ちしております。

 

志免の現地調査

今日は午後から志免で査定依頼のあった中古マンションの現場調査に出かけてきました。

まずは最寄り駅から物件までの道のりを歩いて調査。

駅前には不動産屋さんが1軒しか見当たりませんでした。
壁面広告を見ると、売却希望の分譲マンションはゼロ! このあたりはやはり中古でも戸建の需要が圧倒的に高いそうです。かなり広い庭付きの、そのままでも住めてしまう品質の中古の戸建だと2,000万円で買えたりすると聞きました。早速ふれんずで、明日にでも検索してみます。しかし、堂々と”売り工場”と銘打った広告が何件も貼りだしてあったのには少々驚きました。

こちらが査定依頼のマンション。築26年の78㎡。
1階の部屋はリフォーム済みで1,490万円で売り出し中でした。
需要はあるのは間違いないけど、弊社のリノベーションが通じる商圏ではないような気がします。ある程度価格重視のリフォームでお財布に優しい価格を実現できれば。。。
時間をかければ売れる地域なので、あとは仕入れ価格の問題ですね。

 

施主検査(A様邸 薬院)

今日は朝から丸一日セミナーに出席した後、17時半より薬院にて、マンション売買の仲介と購入後のリフォームのご依頼を頂いたA様邸のお施主様検査に立ち会って参りました。とこのブログを書き始めた途端に、お客様からお礼のメッセージがラインに入りました。改めてご縁を感じました。
実は、A様とは数年前に私が通っているガソリンスタンドで知り合いました。私が10年以上通っているガソリンスタンドに店長として赴任されてきたのです。2年くらい同じ店舗におられたでしょうか?大手のGSですから、銀行や証券会社のように店長クラスは色んな店舗に転勤されるので、A様と顔を合わせたのもその期間だけでした。詳細は省きますが、さきほど頂いたラインのメッセージにも、
「家を買う時はべスティックさんから買うと決めていました。奥さんとも改めてべスティックにお願いして良かったと話しているところです。」
なんてこれ以上ないお褒めのメッセージを頂き感極まってしまいました。
A様とご家族様のご多幸を祈念せずにはいられません。A様、改めてこれからもよろしくお願いします。

この度ご購入されたのは、リフォーム済のマンションでしたが、A様のご依頼でリビングの壁に大型テレビを埋め込んだり、その裏のクロスをお好みの色に貼り替えたり、建具の交換などの依頼も頂きました。また、改めてホームページに施工事例としてご紹介させて頂く予定ですが、廊下とLDKを仕切るドアは全体的に白く明るい部屋にアクセントを添えるシックなブルーが映えるとてもセンスの良い仕上がりとなっています。来週にはお引越しされる予定なんだそうですが、A様ご家族の笑みをイメージすると私までうれしくなってきます。

2017-09-21 | Posted in 中古マンション+リノベーション, 個人宅リノベComments Closed